ある日水俣の天野茂さんから紅茶が届いた。何でも天の紅茶の中でも出来の良い葉だけを集めた上級品らしい。 早速飲んでみる。ん!なるほど。香り重視の紅茶。私好みである。しかし、紅茶ファンでは意見が分かれるかな?
とにかくミルクティーには合わないだろう。普通の天の紅茶と違ってあの不思議な甘みは消え、花のような香りが漂う。 紅茶は渋くてコクがあって、ミルクに負けないものが真の紅茶だ、とする人には気に入られないだろう。
しかし、さっきも言った通り私好みだ。試しに中国茶風に入れてみる。
最近流行の茶芸風に入れると香りがとてもよくなる紅茶ってのは良くある。たとえばダージリンやネパール。ウヴァはいまいちだったな。 アッサムも一部いい香りがした。コチコチの紅茶ファンは顔をしかめるが、なに、美味しけりゃ何でも良いのだ。 だいたい紅茶だの緑茶だのという分類は便宜上のものであって、確たる境界は存在しない。 まあ、語りだすと長くなるので深くは突っ込まないが・・・。
いろいろ試している内に、聞香杯より、もう少し大きな杯を使ったほうが美味しい気がしてきた。 紅茶風にいれて烏龍茶風に楽しむ。接客するのも忘れ一人悦に入りながら店であれこれと試していた 。う〜ん、しかしこれもどう説明したものか。また変な紅茶評論家もどきが「それは紅茶の正しい飲み方では無い」とか言い出すだろうな。 紅茶風に入れてこの紅茶の魅力をどう引き出したものか・・・。 と考えている内にふと思った。なんで彼らの論理に付き合わなけりゃいけないんだ。なんで紅茶風だの烏龍茶風だのと分けなけりゃいけないんだ?これが一番美味しいと判断したなら、それを迷わず勧めるべきだろ。 それが各生産者からお茶を預かった私の務め・・・・。
という訳で、わたくし岡本が推奨する特選天の紅茶の美味しい飲み方。 今までのやり方がいまいちなら新たな喫茶法を提案するのに何の遠慮をする必要があろうか? もっと美味しい飲み方を発見した人はご一報ください。
もちろん、面倒くさいときは普通にいれてOK。時間のあるときにでも試してください。
ちなみにこの特選天の紅茶は日本の紅茶ではトップレベルの水色の美しさを持ちます。 この色の美しさはアイスティーにも良いかもしれない。寒いのでまた来年にでも試してみます。お楽しみに。
20060604-amano-12.jpg
この美しさを見よ!