福岡県奥八女で高品質の茶を生産する栗原製茶。その栗原製茶を担うお二人、悠次氏と昭夫氏。
兄の悠次氏は農業経済学の農学博士であり、日本茶インストラクターでもある茶の伝道師。主に製品の規格、販売、そして食育に力を注いで正しい茶と農業のあり方を研究なされています。
次男の昭夫氏は生産を担当。その実力は競合ひしめく福岡の手揉み茶選手権で4連覇の偉業を達成し、全国大会でも上位に入賞する屈指の実力派。
当然、生産だけではなく茶畑の管理、ティスティング、農法までさらに研鑽を続ける福岡県の明日を担う若者であります。
冷静そうな風貌とは裏腹に、青年の主張という弁論大会で九州大会で優勝、全国大会では優秀賞に輝く、熱~い情熱を持っている方でもあります。

その他、お父さんの吉平さんも数々の賞に輝いた実力派。今は二人の頼もしい息子さん達に仕事は任せつつも、お茶の研究、そして地元の活性に力を注いでいる、「みんなのお父さん」でもあります。


栗原製茶のお茶はこちらからどうぞ↓
http://www.e-yamecha.com/